2011年5月22日(日)~28日(土)
スコットランドへ海外視察・研修へいってまいりました。

福岡から16時間かけて目的地スペイサイドへ移動。
東北の震災の影響で成田空港の照明は7割ほど消灯している状況でした。

スコットランド アバディーン空港

P1000926

初日、2日目に宿泊したクライゲラヒー ホテル

DSCN0302

ホテル近くのハイランダーインにてオーナーの皆川さんに色々と
教えて頂きました。スコットランドでは飲食店では23時以降アルコール提供はできな法律がるとの事。

ホテル近くにはハイランドウイスキーの命ともいえるスペイ川。
この川は釣りでも有名でサーモンなどが釣れるとの事。

P1040869P1000946DSCN0304

 

◆マッカラン蒸留所 視察
マッカランのボトルにデザインされている旧事務所跡など見学。移動途中膨大な数の樽が積み上げられている場所がありました。ここは樽を作成、補修する専門の会社で一人前になるのに2~3年かかるとの事でした。

P1000951P1000959

◆グレンフィディック蒸留所 視察

蒸留所は緩やかな丘にあり、周辺の広大な土地を買い取り水源確保に努めているとの事。

DSCN0313DSCN0350

・蒸留所内

DSCN0334DSCN0315P1000981DSCN0320DSCN0321DSCN0323DSCN0324DSCN0325DSCN0326

麦は基本スコットランド産の物を使い発酵、蒸留しバーボン樽、
シェリー樽を使って貯蔵。12~30年貯蔵されたものをマリアージュして製品にします。

DSCN0329DSCN0352

すぐ近くにはバルヴェニー蒸留所も所有し蒸留器は初留10基、再留19基とスコットランド最大。
昔ながらの手作業で攪拌作業を行なっています。

DSCN0336DSCN0341DSCN0344

 

◆グレンバーキー蒸留所
バランタインシリーズのキーモルトを作っている蒸留所。

DSCN0354DSCN0361

最新施設を使って高品質のモルト、グレーンを安定供給しています。

DSCN0360

蒸留所見学後、バランタインシリーズを試飲。案内をしてくれた
アレックスさんは17年がベストだと言われていましたが、私は30年が
やはり美味しかったです。

DSCN0355DSCN0358

DSCN0367DSCN0366P1040958

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆地元でも有名なパブのフィディックイン。
90歳になるおじいちゃんが年中無休で営業されています。17時に立ち寄りましたが、あっという間に地元の方や釣り客でいっぱいになってしまいました。

DSCN0372P1040964

 

 

◆エジンバラ視察
スコットランドでもかなり大きい都市ですが外観は中世そのままに石畳の道や立ち並びとても綺麗な街でした。
建物自体は古いのですが中は近代的にリフォームされいるところが
ほとんどでした。

DSCN0390DSCN0395DSCN0388DSCN0397DSCN0404

◆スコッチウイスキー博物館

DSCN0403DSCN0401DSCN0399

◆セントアンドリュースゴルフコース

P1040967DSCN0379P1040984

エジンバラからロンドンへは列車で移動。
ロンドン市内視察。バッキンガム宮殿、ウエストミンスター寺院、
国会議事堂、ビッグ・ベン等視察。

DSCN0411DSCN0414

DSCN0426DSCN0428DSCN0418DSCN0417P1050058P1050113

 

◆大英博物館見学

P1050156 P1050154P1050147P1050143 P1050141 P1050140

その他にもロンドン最古のレストラン Rulesでの食事や、SAVOYのバーなど貴重な体験をさせて頂きました。

P1050134P1050100P1050102

7日間の研修でしたが見るものすべてが新鮮でスコットランドの歴史などにも触れ大変有意義な視察となりました。
この貴重な体験を今後の活動に活かして生きたいと思います。

営業部 中山・只隈