2019年11月21日(木) 0時 ボジョレー・ヌーヴォー2019が解禁となりました。

ご予約ご注文頂きましたお得意様各位、誠にありがとうございます。

過去5年間の平均と比べて、ガメイが25%減、シャルドネは35%減。
また1/3のアペラシオンボジョレーは8月18日の雹によって1500ヘクタール中20~50%が被害を受けました。
さらに7月初めの雹と春先の凍てつく霜は、南エリアのシャルドネと北エリアの一部に影響をもたらした。
南と北、平地と丘陵地帯では収穫量のばらつきが予想されます。
それでもその後の晴天のおかげでぶどうはしっかりと成熟する見通しだ。

9月9日から収穫が始まりましたが、ぶどうの成熟度、標高、畑の向き、独自の哲学により、収穫のタイミングは各生産者に委ねられています。
*2019年10月1日に発表されたボジョレーワイン委員会のプレスリリースより抜粋